八丁堀 鮨處 司

東京都中央区八丁堀1丁目8番1号

ご予約/お問合せ ℡03(3552)8207

地図、アクセス

其の十八

加賀鳶(かがとび)

加賀100万石の抱え火消をいう。お手古(てこ)ともいう。

本郷5丁目の上屋敷の八丁四方の火消に備える。

このほか親戚、菩提寺、加えて将軍家学問所の聖堂(今の湯島聖堂)の火消も勤める。

その頭を目代(めだい)といい、雲に大稲妻の色ざし半纏の上に鼠色の革羽織を重ね、鼠色の股引、うこん白紐の脚絆、紺足袋、鼠色の頭巾、草鞋を穿き、手鍵を持つ。

平鳶も雲に大稲妻の色差し半纏、めくらじまの股引、白紐の脚絆、黒足袋、茶色の革羽織、草鞋穿きの足固めで、五尺の鳶口を持っている。

いずれも身の丈六尺(180cm)ばかりの顔色たくましい大男揃いである。

1番手、2番手、3番手の3組があって、1組20人が2列になり、先頭に目代、小頭役、次に手代り共4人の纏持ちで、纏は太閤からの拝領物というので、警固の武士がついている。

次は騎馬の武士で、これには馬脇の侍が従う。

それから梯子、水桶、竜吐水(江戸時代に発明された消防ポンプ)などの物持中間一組がついている。

お手古は“六方ぶり(歌舞伎などで伊達や勇壮なさまなどを誇張した歩き方)”で歩く。

髪も半締で、髷は海老の腰のように刷先をみごとに散らし、鬢を抜上げてすき額にしている。

これは他に類がないので加賀鳶髷(かがとびまげ)と言った。

龍吐水(りゅうどすい)